【腱鞘炎】

 腱鞘炎は適切に治療すれば早く治る怪我です。

 腱鞘炎は主に手の使い過ぎで起こります。仕事、スポーツ、日常の動作で腱や筋肉を傷めて炎症が起きることが原因です。

  

 パソコンを仕事で多用する方や、料理人の方に多いです。他にはテニスなど、腕を良く使うスポーツをされいる方にも多い怪我です。

症状は、親指を動かすと痛い。人差し指を動かすと痛い。手首を曲げると痛い。等です。

 

 現代の医学では湿布と安静にすることが治療の主流になっていますが、安静にしていても治りが遅いことも多く、長い間痛みが残ってしまいます。

 

 慢性的な疲労によるものなので、その疲労を取り除くような治療さえすれば症状は緩和されていきます。

 治療を行う時はいきなり腕に鍼を刺すようなことはしません。まず、丁寧に痛みのある所、そこに関係してくる筋肉を診察していきます。

 指、腕の筋肉、肩甲骨まわりなどを良く診た後に鍼を使います。

 治りが良い方だと1~2回の治療で終わることもあります。

 

 

トップページへ

 

腱鞘炎・症例

60歳の男性の方で、1週間程前から物を掴む時に痛みを感じるとのことで来院されました。

湿布を貼ってもあまり効果がなかったそうです。

まずは、治療ベッドにうつ伏せになってもらい背中の様子を見た所、肩甲骨の周囲が大分固くなっていました。

そこで、腕の治療を始める前に体の循環を良くする目的で背部の治療行いその後、腕の治療へと移りました。

痛みを訴えている部分は手首でしたが、腕を診察していくと痛みを訴える筋肉の延長上に固くなった筋(すじ)を見つけそこに治療をしました。そして手首の痛む部分にも治療をして、痛みを確認して貰った所、重だるい感じはするものの、痛みは消えているとのことでした。


1回目の治療で主訴がとれたので、また痛みが出そうだったら来院して欲しいと伝え治療を終えました。