腱鞘炎・症例

60歳の男性の方で、1週間程前から物を掴む時に痛みを感じるとのことで来院されました。

湿布を貼ってもあまり効果がなかったそうです。

まずは、治療ベッドにうつ伏せになってもらい背中の様子を見た所、肩甲骨の周囲が大分固くなっていました。

そこで、腕の治療を始める前に体の循環を良くする目的で背部の治療行いその後、腕の治療へと移りました。

痛みを訴えている部分は手首でしたが、腕を診察していくと痛みを訴える筋肉の延長上に固くなった筋(すじ)を見つけそこに治療をしました。そして手首の痛む部分にも治療をして、痛みを確認して貰った所、重だるい感じはするものの、痛みは消えているとのことでした。


1回目の治療で主訴がとれたので、また痛みが出そうだったら来院して欲しいと伝え治療を終えました。