五十肩の症例2

T・Tさん 60代 男性

 

 

症状は?

3か月前から肩が痛くなり回しにくさを感じるようになってきた。

だんだんと痛みが増していき、現在は上に挙げようとするだけで痛みが走るため肩より上に手を挙げることができなくなった。

整形外科で五十肩と言われ、電気治療やストレッチを受けたが痛みに変化がないため上野鍼灸院に来院されました。

 

原因と治療方法

 

原因

肩回り全体を触ってみた結果、肩甲骨と背中の間のコリが非常に強くそのせいで肩甲骨の動きがさえぎられていました。また、肩甲骨の上にくっついている筋肉群もかなり固くなっていました。この2つが原因となり肩や腕の血行不良や動作不良を引き起こし、痛みに繋がったと考えられます。

治療方法

コリを取って肩甲骨全体の動きを改善すること。血行不良によりダメージを受けた筋肉の回復を促進すること。この2つを念頭に鍼灸を行いました。

使ったツボは天宗・肩外兪などです。

特に天宗は五十肩には必須のツボになります。

結果

初回の治療で半分ほど痛みが取れました。五十肩の中では重い症状だったのでその後6回の治療で回復。痛みなく肩を動かせるようになりました。