【ばね指】

薬や湿布、整体で治りましたか?

ばね指は怖い疾患ではありません。適切な治療を行えば治る疾患です。

ばね指腱鞘炎が悪化すると起こります。指の腱の腫れと腱を包む鞘の部分の炎症が激しくなり、指を伸ばそうとすると引っかかるようになります。最終的には痛みを伴いながら戻るようになります。

手術を勧められることもあります。

ですが、鍼灸治療でばね指は治ります。

上野鍼灸院では特別なことはしません。テーピングや包帯を巻くこともしません。

炎症を起こしている筋を探し出して、よくほぐして、鍼をしてお灸をする。それと同時に体全体の血流を良くして、治る力を高める。冷やさないで温める。

それだけで、ばね指は治っていきます。

手術をする前に一度ご相談下さい。

 

トップページへ

 

【症例】

70才女性。幼稚園の園長先生。

親指のばね指が治らず、千葉から来院していました。整形外科に通っても治らず、幼稚園児の相手が出来ずに困っているとのことでした。

症状としては、曲げた後に自力で伸ばすことが出来ない。逆の手で伸ばした時に強い痛みが出る。でした。

体を診ていくと背中の張りが強く、そのため指に十分な血液が流れていないと判断し背中を緩める治療を行いました。背中の治療後、親指を動かす腱や筋肉に沿って鍼とお灸を行っていきました。初回で痛みが半減。合計で5回の治療で痛みと引っかかりなく動かせるようになったので、治療を終了しました。