帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹後神経痛の治療を断られた方が多く来院されます。

 

上野鍼灸院は断りません。

 

帯状疱疹後神経痛に鍼灸治療は大変効果があります。


帯状疱疹とは?


帯状疱疹は水疱瘡のウイルスによって引き起こされます。

水疱瘡は子供の時に発症して、1週間程度で治りますが、ウイルス自体は体の中にいます。

疲労や、自律神経の乱れ、ストレスや加齢によって体の免疫力が下がると、ウイルスが活動を始め、神経を伝わって痛みを伴う赤い発疹が出来ます。


症状は?


数日から10日間ほど神経痛のような痛みがあります。

ピリピリするような痛みが出ることが多いようです。

その後、体に赤い発疹が出るのが特徴です。

痛みと発疹が出る箇所は様々で、背中、お腹、腕、わきの下、顔、腰などに出ます。

 

治療は抗ウイルス薬による治療が中心となりますが、重症の場合は入院による治療を行うこともあります。


帯状疱疹後神経痛への鍼灸治療


帯状疱疹後神経痛の基本治療は体にかかっているストレスを取り除いてあげることが重要になります。

帯状疱疹後神経痛の患者さんの場合、少しの刺激でも神経が過敏に反応して痛みを強く感じる状態にあります。

例えば、顔に痛みがある場合は風が当たっただけでも痛む方もいます。

ですので、鍼灸治療でストレス(疲労等)を取り除くことによって神経の興奮を抑えます。

 

帯状疱疹になること自体が、免疫力が下がり疲労が溜まっている証拠です。

鍼灸治療で痛みを抑えつつ、全体的な治療を行い、体の自然治癒力を高めていくのが大切です。

 

帯状疱疹後神経痛の治療は早ければ早いほど効果があり、治るまでの時間も短くなります。

痛みが残りそうと思ったら早めに鍼灸治療を始めることをお勧めしています。

 



症例集


病院で治らなかった帯状疱疹後神経痛

2020年の1月に来院された患者さんです。

40代・男性・会社員

続きを読む