頭痛の症例5

30代男性

 

高校生の頃から頭痛があり、良くなったり悪くなったりを繰り返していました。

就職してしてしばらくしてから症状が重くなり、現在は薬を飲みながらコントロールしているとのことです。

 

特につらいのが頭を締め付けられるような痛みが襲ってくることと、薬が効かない時が出てきていることです。

 

若い時からの頭痛は、本当は若い時にしっかり治療しておくとその後が楽に過ごせるのですが、この方のように大人になっても苦しんでいる方はとても多くいます。

この方の場合、他の病気を持っていなかったので通常の鍼治療を行うことにしました。

 

足のツボ、手のツボを最初に使い、最後に背中・肩・首をしっかりと治療していきます。

 

治療開始から1か月・計5回の治療で症状は出なくなり無事に治療を終えることが出来ました。