気になる症状をクリックして下さい

腱鞘炎

腱鞘炎は主に手の使い過ぎで起こります。仕事、スポーツ、日常の動作で腱や筋肉を傷めることによって起こります。

当院ではまず、傷んだ筋肉を探る所から治療を開始します。いきなり鍼を刺すことはまずありません。

腱鞘炎の具合によっては1回の治療で良くなることも多いです。

 

更に詳しい説明はこちらへ⇒腱鞘炎


ばね指

ばね指は指を動かす腱の炎症によって起こります。指が曲がりにくくなり、曲がると曲がりっぱなしになり、戻すのに痛みを伴うこともあります。自然に治ることもありますが、重度になると手術を行う場合もあります。

 

更に詳しい説明はこちらへ⇒ばね指

 

 


五十肩

主に肩関節の炎症が原因で痛みが起こります。痛みのため、腕を挙げることが難しくなったり、後ろに回すことが出来なくなります。

五十肩の場合、全身治療を行い、体のリンパや血液の流れを良くすること意識して治療を行います。痛みの出ている部分のみを治療するより治癒が早まります。

更に詳しい説明はこちらへ⇒五十肩

                                       


肩こり

肩こりの原因は、仕事、姿勢、日常生活、ストレスなど様々な原因があります。肩こりは万病のもとという言葉もあり、重い肩こりになる前に鍼治療や運動を行ってリセットすることが重要になります。


慢性頭痛

偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3つがあり、どれに対しても鍼灸は有効な治 療手段です。背中や肩、首の筋肉が固くなっている方が非常に多く、鍼によって固くなった筋肉を緩めると改善していきます。同時に全身治療を行うことで再発を防ぐことを目指します。

更に詳しい説明はこちらへ⇒頭痛

 


めまい

めまいの原因は特定できない場合も多く、症状に苦しんでいる方は多数います。脳に原因がある場合以外は鍼灸の適応となります。

特にメニエール病や良性のめまいは自律神経に働きかけることによって、高い効果を挙げます。


膝の痛み

膝の痛みは変形性膝関節症や足の酷使によって起こります。

どちらの場合も膝周りだけではなく、太腿や脛から治療を行うことによって改善を図ります。最近は、マラソンのやりすぎで痛める方も多いです。

更に詳しい説明はこちらへ⇒膝の痛み